「微生物ゲノム×地域」で 食のブランディング

研究業績

  • HOME »
  • 研究業績
論文発表

Evolution of Aspergillus oryzae before and after domestication inferred by large-scale comparative genomic analysis
Naoki Watarai, Nozomi Yamamoto, Kazunori Sawada, Takuji Yamada
DNA Research, dsz024, https://doi.org/10.1093/dnares/dsz024

学会発表 (*は登壇者)

2020/3/25~28
日本農芸化学会2020年度大会
発酵食品由来の乳酸菌ゲノムにおける地域性の探索
木野 裕太*、澤田 和典、小谷野 仁、山田 拓司

商業的に生産されるぬか漬け漬物製造中の菌叢が与える成分への影響
澤田 和典*、小谷野 仁、山本 希、山田 拓司

2019/12/10~13
2019 Annual Meeting of the British Ecological Society
Mathematical modeling and numerical analysis of the dynamics of microbial communities in environments
Hitoshi Koyano*, Kazunori Sawada, and Takuji Yamada

2019/10/12~14
7th International Conference on Mathematical Modeling and Analysis of Populations in Biological Systems
Mathematical modeling and numerical analysis of the dynamics of microbial communities
Hitoshi Koyano*, Kazunori Sawada, and Takuji Yamada

2019/9/25
情報処理学会「数理モデル化と応用」研究会
環境中の DNA 配列の集団のダイナミクスの解析
小谷野 仁*、澤田 和典、山本 希、山田 拓司

2019/9/9~11
日本バイオインフォマティクス学会2019年度大会
発酵微生物群集の地理的比較
Chun Wang*、澤田 和典、山本 希、山田 拓司

微生物群集のダイナミクスの数理モデリングと数値解析
小谷野 仁*、澤田 和典、山本 希、山田 拓司

2019/3/28~30
Third International Food & Society Conference
Typology of the patterns from origination to extinction of indigenous foods
Hitoshi Koyano*, Nozomi Yamamoto, Kazunori Sawada,Hinako Yago, and Takuji Yamada

The factors of modifying indigenous preserved foods
Kazunori Sawada*, Nozomi Yamamoto, Hitoshi Koyano, Hinako Yago, and Takuji Yamada

2019/3/24~27
日本農芸化学会2019年度大会
ゲノム解析によるAspergilllus luchuensis変異株の遺伝子変異の検出
山本 希*、渡来 直生、小谷野 仁、澤田 和典、山田 拓司

2019/3/14~16
情報処理学会第 81 回全国大会
微生物群集のダイナミクスの数理モデリングと数値解析
小谷野 仁*、澤田 和典、山本 希、山田 拓司

2018/9/5
日本応用数理学会 2018 年度年会
文字列の非可換位相半群上の偏微分方程式と生物群集の動態解析
小谷野 仁*、澤田 和典、山本 希、山田 拓司

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © ぐるなび 食の価値創成共同研究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.